東濃中央クリニック

瑞浪市 の 東濃中央クリニック
呼吸器内科,アレルギー科,消化器内科,老年内科,リハビリテーション科

〒509-6134 岐阜県瑞浪市松ヶ瀬町1丁目14-1
TEL 0572-67-1118
※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

院長のご紹介

ご挨拶

地域の皆様に質の高い医療を提供できる“身近な専門医”を目指し、このたび開院致しました。確かな医学知識と技術に裏付けられた専門治療分野と、さらに的確な診断を可能にする、様々な最新医療機器を備えております。

また、岐阜県の喘息死ゼロ作戦や慢性閉塞性肺疾患対策などを通じ、疾病予防のための地域医療活動にも力を注いでおります。地域の皆様の頼れる専門医として、どうぞ、お気軽にご相談ください。

【院長】大林 浩幸(おおばやし ひろゆき)

 

経歴

平成2年、名古屋大学医学部 卒業(医学博士)。

名城病院、一宮市民病院、名大病院を経て、平成10年より昭和病院(現:東濃厚生病院)内科勤務。
平成17年より、アレルギー呼吸器科部長。名大医学部客員研究員、非常勤講師を経て、
現在、藤田保健衛生大学医学部 客員教授、島根大学医学部 臨床教授、
岐阜大学医学部・看護学部講師(非常勤)、昭和大学講師(兼任)、信州大学講師(委嘱)を兼任し、後進医師の指導も行っています。

また、岐阜県慢性閉塞性肺疾患対策協議会 本部長、岐阜県喘息対策実施事業連絡協議会 副委員長、東濃喘息対策委員会 委員長などを務め、地域医療にも力を注いでいます。

 

専門とする疾患など

■呼吸器病全般(特に、気管支喘息、COPD治療を得意分野とする)、アレルギー疾患、禁煙治療
■消化器病全般
■骨粗鬆症治療、動脈硬化性疾患などに対するアンチエイジング治療
■高血圧症・高脂血症等の生活習慣病治療など

多岐の専門分野にて、最新治療を行ってきました。
これまで、多くの研究業績を国内・海外論文及び、国内外学会発表を行い、常に最新の医療知識と技術の研鑽を行っています。

 

所属学会・認定医など

≪国内所属学会≫
◇日本呼吸器学会(指導医、専門医、閉塞性肺疾患部会プログラム委員、COPD診断と治療のためのガイドライン査読委員)
◇日本アレルギー学会(指導医、専門医、喘息予防・管理ガイドライン(JGL2009・JGL2012及びJGL2015)作成委員)
◇日本内科学会(指導医、認定医)
◇日本消化器病学会(専門医)
◇日本消化器内視鏡学会(専門医)
◇日本禁煙学会(専門医(禁煙専門指導者)、禁煙指導者養成委員会委員)
◇日本骨粗鬆症学会(正会員、最適治療研究会グループ)
◇日本呼吸リハビリテーション学会(正会員)
◇日本高血圧症学会(正会員)
◇日本動脈硬化学会(正会員)
◇日本感染症学会(正会員)
◇介護支援専門員、日本医師会認定産業医

≪海外所属学会≫
米国胸部疾患学会(ACCP)(専門医(Fellow of Chest Physician ))
米国呼吸器学会(ATS)(正会員、論文査読委員)
欧州呼吸器学会(ERS)(ゴールド会員、論文査読委員)

≪教育活動≫
1999年4月~ 2000年3月:名古屋大学医学部 客員研究員
2000年4月~ 2007年3月:名古屋大学呼吸器内科 非常勤 講師
2004年4月~ 現在:岐阜大学第2内科 非常勤講師(呼吸器病学講義担当)
2006年4月~ 現在:昭和大学第1内科 講師(兼任)
2007年4月~ 現在:信州大学第 1内科 講師(委嘱)
2007年4月~ 現在:岐阜大学医学部看護学科 非常勤講師(呼吸器病学講義担当)
2008年4月~ 2013年3月:藤田保健衛生大学 医学部 客員准教授
2013年4月~ 現在:島根大学呼吸器・臨床腫瘍学 臨床教授
2013年4月~ 現在:藤田保健衛生大学 医学部 呼吸器内科・アレルギー科 客員教授

≪公益 活動≫
■岐阜県COPD対策協議会 本部長
■岐阜県喘息対策実施事業連絡協議会(喘息ゼロ死対策)副委員長
■東濃喘息対策委員会 委員長
■東濃地域COPD対策委員会 ブロック長

≪公的研究助成費による研究活動≫
●第8期環境再生保全機構ぜん息発症予防・健康回復のための知識の体系化に関する調査研究助成金、『喘息死ゼロ』実現に向けた薬剤師吸入指導の実態調査と吸入指導セミナーの効果検討」
研究代表者:大林浩幸

●厚生労働科学研究費補助金免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業助成金「アレルギー疾患の予後改善を目指した自己管理および生活環境改善に資する治療戦略の確立に関する研究」
研究分担者:大林浩幸 

●厚生労働科学研究費補助金事業助成金「ユビキタス・インターネットを活用したアレルギー疾患の自己管理および生活環境改善支援システム、遠隔教育システム、患者登録・長期観察システムに関する研究」
研究分担者:大林浩幸

●平成24年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業(免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業).気管支喘息に対する喘息死の予防や自己管理手法の普及に関する研究、『喘息死ゼロ作戦』の軌跡とその成果に関する研究・研究分担者:大林浩幸

≪受 賞≫
■日本農村医学会 研究奨励賞(2007.10)
■第4回アレルギー学会 学術大会賞(2008.6)等

 

スタッフのご紹介

健康に関する不安を抱えていらっしゃる皆様が、安心してご来院いただけますよう、スタッフ一同笑顔でお待ちしております。
お気軽にご相談ください。
スタッフ